STINGER HOME / F1 NEWS / F1 NEWS / ニュース / ピレリ、モナコGPの各ドライバーのタイヤ配分を発表

2017年5月16日

ピレリ、モナコGPの各ドライバーのタイヤ配分を発表

170516P.jpg
同日に行われるインディ500に参戦するアロンソの代理のバトンだけが全ドライバー中でソフトを2セット選択。

ピレリは、26日(金)~28日(日)におこなわれるモナコGPで各ドライバーが使用するタイヤの配分を16日(火)に発表した。

モナコGPでは次の3種類が投入される。

P Zero イエロー(ソフト)
P Zero レッド(スーパーソフト)
P Zero パープル(ウルトラソフト)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

ピレリが指定した、レース中に使用しなければならないタイヤは次の通り。

P Zero イエロー(ソフト):1セット
P Zero レッド(スーパーソフト):1セット

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

予選Q3のために残しておく必要がある3種類の中で一番柔らかいタイヤは次の通り。

P Zero パープル(ウルトラソフト):1セット

2016年までのルールと同じように、予選トップ10入り(Q3に進出)したドライバーはこのタイヤを予選後にピレリに返却しなければならないが、それ以外のドライバーはこのタイヤをレースで使用することが可能となっている。

また、予選トップ10入りしたドライバーがレース・スタート時に履くタイヤも昨年同様にQ2で最速タイムを出したタイヤとなっている。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

フリー走行、予選、レースで使用できるタイヤの総セット数はこれまでと同じ13セットのままで、使用が義務義務付けられている上記3セット以外の残り10セットは、その週末に投入されることが決定している3種類のコンパウンドの中から各チームが事前に自由に選ぶことができる。

■これまでに発表された2017年のタイヤの組み合わせは次の通り。






2017パープルレッドイエローホワイトオレンジ
オーストラリアGPウルトラソフト (Q:1)スーパーソフト (R:1)ソフト (R:1)  
中国GP
スーパーソフト (Q:1)ソフト (R:1)ミディアム (R:1)
バーレーンGP
スーパーソフト (Q:1)ソフト (R:1)ミディアム (R:1)
ロシアGPウルトラソフト (Q:1)スーパーソフト (R:1)ソフト (R:1)

スペインGP

ソフト (Q:1)ミディアム (R:1)ハード (R:1)
モナコGPウルトラソフト (Q:1)スーパーソフト (R:1)ソフト (R:1)

カナダGPウルトラソフト (Q:1)スーパーソフト (R:1)ソフト (R:1)

ヨーロッパGP
スーパーソフト (Q:1)ソフト (R:1)ミディアム (R:1)
オーストリアGPウルトラソフト (Q:1)スーパーソフト (R:1)ソフト (R:1)

イギリスGP




ハンガリーGP




ベルギーGP




イタリアGP




シンガポールGP




マレーシアGP




日本GP




アメリカGP




メキシコGP




ブラジルGP




アブダビGP










(R:数字):レースのどこかで使用しなければならないタイヤ(最低でもどちらかひとつ)とそのセット数
(Q:数字)予選Q3のために残しておく必要があるタイヤとそのセット数


【STINGER】
Photo by Pirelli & C. S.p.A. - Pirelli Tyre S.p.A

Facebookアカウントでコメント

STINGER HOME / F1 NEWS / F1 NEWS / ニュース / ピレリ、モナコGPの各ドライバーのタイヤ配分を発表